よく出てくる物件タイトルのキャッチコピー

サイト内の物件タイトルで心がけている事は、出来るだけ淡々とキャッチコピーを並べて、後は見る方の判断にお任せしようというスタンスをとっています。物件の雰囲気をどう感じるかは人それぞれだから面白いんですよね。ですが、本当は少しキャッチコピーに遊びを入れてみたい気持ちにかられることもあります。そこをぐっとこらえて抑え気味にしています。

それでは、よく使うキャッチコピーをどうぞ。

駅徒歩

駅徒歩10分以内の場合「駅徒歩●分」(1分を80mで歩く換算)と書いています。住所の後にすぐ書くことが多く、キャッチコピーとしては上位扱いとなっています。駅に近ければ近い程、必然的に土地建物の価値が高くなり利便性も増します。

古民家

概ね築50年以上で、外観が古民家を彷彿とさせる物件で記載しています。かなりの築古でもリフォームされて外観が変わっていそうな場合は記載していません。江戸築、明治築、大正築、昭和築、時代不詳と分けてタグで分類しています。そういえば昭和元年でも築100年近くなってしまいました。

農地付

何と、掲載物件の6.3件に1件が農地付となっています。農地付の場合農業委員会との面談や許可が必要で、農業になじみのない方にとっては若干購入の敷居が高いかもしれません。時々「農地相談可」で希望者には農地を付けるという物件もあり、親切な感じがします。ただ、売主の方にとってみれば、農地だけ残っても管理する拠点もなくなって大変という意味で農地とセットでという気持ちは良く分かります。

家庭菜園

「農地付」と混同しやすいのですが、参照元に「家庭菜園」と明記してあり地目農地以外の庭などで小規模菜園ができそうな場合記載しています。菜園をする場所の地目が畑や田の場合「農地付」を併記しています。

生活便利

市役所・支所、郵便局、銀行、病院、公園など生活関連施設が1km圏内に多数ある場合に記載しています。

買物便利

コンビニ、スーパー、ドラッグストア、ディスカウントショップ、ショッピングモール、道の駅、市場など買物施設が1km圏内に幾つかある場合に記載しています。

通学便利

保育園、幼稚園、小学校、中学校などが1km圏内に幾つかある場合に記載しています。小学校までは比較的多いのですが、中学校が1km以内という確率はぐっと下がります。

眺望良好

高台、ひな壇、前が開けた土地などで、街並み、里山風景、田園風景、港の風景などが見渡せるときに記載しています。

海が見える

港近くや高台にある物件で海が見える画像が添えられてあったり、Googleストリートビューで海が見える環境だと確認できた場合記載しています。

田園地帯

田舎暮らし向けの物件ですと、里山に囲まれた田園地帯という言葉をかなり使っている気がします。

補修不要

物件の参照元に書かれている場合記載しています。調べてみますと、現在の掲載物件の約20件に1件程度が該当しているようです。

ペット可

賃貸物件で参照元にペット可とされている場合記載しています。地方の築古物件では確率高めです。売買物件の場合は基本的にペット自由である事が多いため、ペット可と参照元にあっても記載していません。

オール電化

地方の築古物件の場合プロパンガス率が圧倒的に高いのですが、調べてみますと掲載物件の90件に1件程度がオール電化住宅のようで、該当する場合必ずタイトルに記載しています。